潰瘍性大腸炎

サイトマップ

潰瘍性大腸炎(UC)とは

潰瘍性大腸炎(UC)とは

潰瘍性大腸炎はUCとも呼ばれ、大腸の粘膜(最も内側の食べ物のかすが通る層)に、びらんや潰瘍などの凸凹ができる大腸の炎症性疾患です。原因不明の非特異性炎症性疾患であり、特定疾患に指定されている。


特徴的な症状としては、若い人でも発祥しやすく、20代30代に多く見られる。
下血を伴う時もあれば、伴わない場合は下痢がでたりと、日常的によく起こる腹痛です。
2015年3月、日本薬学会135年会が神戸市で開催された会議でも潰瘍性大腸炎について話が成されています。原因はストレスなのでは、との声もありますが今のところ特定されていません。
症状が悪化するまではただの腹痛や、ひどい時には盲腸ではないかということも想定されます。

病変は。肛門付近の直腸から連続的に、そして上行性(口側)に広がって悪化していくとい性質があり、最もひどい場合には直腸から結腸全体に潰瘍が拡がってしまいます。
この病気は病変の拡がりや経過などにより下記のように分類されます。



病変の拡がりによる分類:全大腸炎、左側大腸炎、直腸炎
病期の分類:活動期、寛解期
重症度による分類:軽症、中等症、重症、激症
臨床経過による分類:再燃寛解型、慢性持続型、急性激症型、初回発作型


検査の場合は、内視鏡より今までの負担が軽減されるような方法で可能になった。

潰瘍性大腸炎が大腸がん化する可能性を含んでおり、その過程を細胞組織学的に調べている学者もおり、今後の改善が見込まれる。

「潰瘍性大腸炎とは何か?大腸の悩みを解決!」について